« 世界遺産で電灯 | トップページ | 水田に映る »

2009年6月11日 (木)

ペンスケッチ展5

羽田空港第1ビル、越前海岸、江ノ島、金沢、渋谷川、道頓堀川

昨日で終了したペンスケッチ展5の出品作品をアップします。実際はフジのクリスタルプリントを使ったので、ちょっと違いますが、、、ペンスケッチ展の模様は、しばらくお待ちください。

タイトルは以下の通りです。

一番上の一枚が「隔離」

その次の3枚が「夏海冬雪」

最後の2枚が「雑然」

17336b

11523 12222 15821a

16522 13521

|

« 世界遺産で電灯 | トップページ | 水田に映る »

PEN」カテゴリの記事

コメント

水曜は来て頂き本当にありがとうございました.短時間ですがお話出来て楽しかった (^^)
さて,凄いブログ更新頻度ですね.しっかり新作を出されているのも凄い.今後ともどうぞよろしくお願いします.今回の出展作はモニタとクリスタルで随分印象が違います.どちらがよいとは言い切れませんが,プリントに置いてはインクジェットとクリスタルの違いを参加者に見せつけた点で画期的でした.

投稿: れんずまにあ | 2009年6月11日 (木) 04時05分

れんずまにあさん。

コメントありがとうございます。
そして、昨日はありがとうございました。
とても楽しく有意義な時間を過ごせました。
いつも、あちこちの掲示板等の書き込みでしか知らなかったれんずまにあさんに、色々なお話を伺えて、良かったです。
是からもよろしくお願いします。

写真の違い。
デジタルデータの方が、昭和のカメラっぽいように思えますが、クリスタルプリントだと昭和のカメラでもこんな色が出でる、というアピールができて楽しいかな、とも思います。
マット紙にモノクロでと言うのも挑戦してみたいです。

次にお目にかかれることを楽しみにしております。

投稿: あにゃも | 2009年6月11日 (木) 06時44分

ここ一番でクリスタルプリント(フォトフィルム+デジタルプリント)はお薦めですよ。まだインクジェットより一長あります。

ピクトリコのフォトフィルムより、白が冴えていますし。経年安定性が違います。
白の冴え(純白度)はフジフィルム紙全般の特徴といえます。

昔からある、ダイレクトプリントよりもずっと廉価で、暗部の階調再現やコントラストも自然だと思います。

私もここ一番のクライアントには使うように勧めるのですが、ウ~ム...使ってくれませんね。
記念写真系だと使ってくれます。

投稿: MazKen | 2009年6月11日 (木) 08時42分

MazKenさん

コメントありがとうございます。
クリスタルプリント、あにゃも、お気に入りです。実は、モノクロ、大丈夫かな?と思ったのですが、雪の写真を見て、モノクロも行けるのではないかな〜と思いました。

経年安定性。これは重要ですよね。
インクジェットははたして30年もつのか(少しくらい色あせても)不安です。

れんずまにあさんやあっきいさんも、良い色だと仰ってました。来年はみなさん、1枚くらいは使って欲しいです。記念写真だけだなんてもったいないです。

今年もありがとうございました。来年も宜しくお願いいたします。

投稿: あにゃも | 2009年6月11日 (木) 21時19分

何回拝見しても、本当に素敵なペン写真ですね。
15日間、お疲れ様でした!

クリスタルプリントの美しさも堪能させていただきました。私自身はまだ使ったことがないのですが、どこのお店でも同じように仕上がるのでしょうか?
そのあたりがまだ不安なのですが、一度試して見たいと思います。

投稿: march | 2009年6月12日 (金) 00時40分

marchさん

おはようございます。
コメントありがとうございます。

あっという間の15日でしたね。
みなさんの写真を見て、刺激を受けました。
是非とも来年はクリスタルプリントで!
取次店から富士フイルムに出すので、クオリティは同じだと思います。

これからも宜しくお願いします。

投稿: あにゃも | 2009年6月12日 (金) 05時32分

あにゃもさん

ペンスケッチ展の最終日には遠い所を来て
頂きありがとうございました。

又初めてお会い出来て嬉しかったです。

わたしはカメラは本当に幼稚園児なんです。
何も分からなくてMazKenさんに何度も教えて頂いています。

これからも宜しくお願いいたします。

投稿: なっちゃん | 2009年6月14日 (日) 19時26分

なっちゃん。

こんばんは。

なっちゃんの写真は、
愛情と情熱を感じます。
それがあにゃもにはダイナミックに見えます。
あにゃもは、どこか醒めて被写体を見ています。

感性は、人に教わって備わるモノではないので、そう言う意味では、なっちゃんは幼稚園児ではありませんよ〜。あにゃもにとっては師匠です。

今回の写真は、色も構図も情熱も、衝撃的でした。

こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: あにゃも | 2009年6月14日 (日) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界遺産で電灯 | トップページ | 水田に映る »