« 世界の撮り鉄 | トップページ | PENでも路地 »

2010年4月23日 (金)

雪のバルセロナ

バルセロナ

 OLYMPUS PEN EE2

 FUJI PRESTO 400

何十年かぶりの積雪だったそうです。駅前ではタクシーが立ち往生。われわれも次の町へ向かうはずが、2日間足止め。カテドラルの前もすごい雪でした。(平成22年3月撮影)

2131821318a21317a

|

« 世界の撮り鉄 | トップページ | PENでも路地 »

PEN EE2」カテゴリの記事

コメント

iPhoneの小さな画面からしかまだ見てないのですが、2,3枚目は凄いすきです。EEらしいのではないかなぁ。特に三枚目綺麗ですね。人を入れて教会を切った気持ちを察します。

投稿: hiro | 2010年4月23日 (金) 09時09分

hiroさん

東京から今晩は。

3枚目は、ペンスケッチ店出品候補策です。妻一番のお気に入りなので。。。

投稿: あにゃも | 2010年4月23日 (金) 19時54分

▼特に一番最後の写真、素敵すぎです。戦前のライカで撮った写真みたい!

投稿: うずらまん | 2010年4月26日 (月) 16時26分

うずらまんさん

最後の1枚。ペンスケ展に出す予定です。プリントしたのですが、どうも臨場感が乏しいです。。。黒つぶれしてしまう。明日再チャレンジします。

投稿: あにゃも | 2010年4月26日 (月) 19時59分

>どうも臨場感が乏しいです。。。黒つぶれしてしまう。

差し出がましいですが、もし露光印画紙での対応をお考えで、良いお店がないのであれば、言って下さい。僕がいつも行くお店はとても安価に手でアナログ伸ばしをしてくれるので…。ただ、超アナログだから他のプリントとは感じが合わないかもしれませんから、出展を考えるとあまり良くないかもしれませんけど…。

黒が潰れる事は必ずしも悪いとは思いませんが、EEだから露光不足で階調が巧く取り出せてなくて、あにゃもさんが求めている部分の階調が不足しているのかもしれません。頼んで居られるお店の機械の種類が分からないから何とも言えませんけど。露光不足でプリントできないとか、お店でプリントしようにも機械がコマ間を判断できないような薄いネガとか、真っ黒の濃いネガとか、実は引伸機であれば対応できることが多々あります。デジはデジプリがベストでしょうが、モノクロフィルムは露光プリントがベストではないのかなぁ…と僕は思います。過去の機械プリントで失敗と思っていた写真にも凄い傑作が埋もれていることもよくあります。マニアックな書き込みですみません(笑)

投稿: hiro | 2010年4月27日 (火) 18時48分

hiroさん

お申し出ありがとうございます。
今回のペンスケ展は、仕事が立て込んでいて、作り込みに時間がかけられません。それで、デジタルで済ませてしまおうかと安易に考えています。

ご指摘の通り、EEの性能という部分が大きいと思います。デジタル画像をレタッチすると、中央部分の階段や人物が、はっきりするのですが、全体のイメージを考えると、疑問が残ります。

やはり、露光プリントですか。いっそのこと自分で手焼きをしてみようかな、とも思っていますが、それこそ時間がかかりそうです。詳しい人に聞きながらしないとダメだし、、、

ううう~ん。

投稿: あにゃも | 2010年4月28日 (水) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界の撮り鉄 | トップページ | PENでも路地 »