« ミラノ観光案内 | トップページ | ミラノでもやっぱり »

2010年5月11日 (火)

渋いトラム

ミラノ

 RICOH GR1v

 FUJI ACROS 100

各街にとラムが走っていましたが、ミラノのトラムは別格でした。2枚目は、50年以上はたっていようかという鉄と木でできたとラムが、、、この次に古そうな3枚目のトラムに乗車しました。最新のはどの街も似たような感じです。(平成22年3月撮影)

21726 21721 21716 21710

|

« ミラノ観光案内 | トップページ | ミラノでもやっぱり »

GR1v」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

一連のモノクロ..

風景写真はモノクロかな?と思う最近です^^;
味と言うか雰囲気と言うか
モノクロならではの世界を感じますよね

色々と写真について考えている最近なので
心が揺れ動いています^^;

投稿: ろまん | 2010年5月11日 (火) 08時03分

ろまんさん

私が撮ると、色を無視していることが多いので、モノクロの方が撮影時の印象を伝えることができるように思います。

私は、写欲減退中なのですが、外国だと刺激を受けました。帰国後は、東京帰宅でしか撮影をしていません。

子供達でも撮ろうかな、なんて思う今日この頃です。

投稿: あにゃも | 2010年5月11日 (火) 08時12分

古いトラム格好良いですね! 意図して残しているのか、意図せず残ってしまったのか…どっちなんでしょうね(笑)新しい物のデザインが似て見えるというのは、他の工業製品でもそうですよね。昨今の製品は何でも目的が画一的で、それを達する為の解答バリエーションが減ったのかなぁ…??

投稿: hiro | 2010年5月11日 (火) 18時16分

hiroさん

イギリス同様イタリアも、古いモノに価値を見いだす国のようです。都市部の建物も古いほど高いそうです。

新しいモノはどこかアレンジした缶がありますよね。きっとこのトラムも、何かの影響がありそうな。。。

大量生産が、製品の画一化を生み出しているような気がします。
車作りなんかでも、ライトやランプの形やらプラットホームも共通で、何たらかんたらという話を聞いたことがあります。

投稿: あにゃも | 2010年5月11日 (火) 21時28分

古いトラム
素敵過ぎますheart01

日本では全く考えられない情景ですねshine

日本では・・・
無くして置いて 後になり懐かしさを求め
一部形だけの復活をの傾向

残し続ける事sign01をまず考えて欲しいと改めて感じましたnote

投稿: 玲生1023 | 2010年6月 9日 (水) 08時11分

玲生1023さん

そうなのです。
何十年も前のトラムが現役で元気に走っています。古い江ノ電よりも古いような、、、

そうなのですよね。
日本人の変な懐古主義。。。
なくなるから、見に行く乗りに行く。
日常の生活で使って欲しいものが沢山ありますね。

金沢の家並みも、どんどん変わってきました。。。

投稿: あにゃも | 2010年6月 9日 (水) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラノ観光案内 | トップページ | ミラノでもやっぱり »