« ピントの限界 | トップページ | 余計な写り込み »

2011年3月15日 (火)

晴れた空は限界

野々市・金沢・内灘

 OLYMPUS PEN EE2

 KODAK SUPER GOLD 400

今日は、空を撮影して、限界を感じる。特に最後のは酷いです。ザラツキ感ありです。ISOのダイアルを200とか100にすればよかったのかな?(平成22年2月撮影)

25100a

25104a

25130a

|

« ピントの限界 | トップページ | 余計な写り込み »

PEN EE2」カテゴリの記事

コメント

確かに色の傾きはあるのかもしれませんけど、特に後ろ2枚の解像感は素晴らしいと思うのは僕だけかなぁ...良いカメラですね!

投稿: hiro | 2011年3月15日 (火) 12時34分

hiroさん

2枚目はまずまずですが、
3枚目はレタッチしまくりです。

上の2枚は中間色の明るさを少しくらい目にしただけですが、3枚目は・・・

投稿: あにゃも | 2011年3月15日 (火) 13時13分

カンバスに描いたような効果ですね.好きだなあ.
でも取り込み後の素データだと粒子がざらざらなのでしょうか.明るすぎるから駄目なのですか?普通カラーネガだとオーバーよりアンダーのほうが粒子が目立ちますが,流石に+3以上のネガから取り込むことは少ないのでわかりません.どアンダーは結構ありますけど..

投稿: lensmania | 2011年3月18日 (金) 18時33分

lensmaniaさん

どれもこれも、空の色の明るさに負けているようでした。
撮影のときにASAのダイアルを回せばアンダーやオーバーは回避できるのかな?
あれ?どっちに回せばよいのだろう?

ま、EE2の露出認識がけっこう正確なことが認識できる写真です。(笑)

投稿: あにゃも | 2011年3月19日 (土) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピントの限界 | トップページ | 余計な写り込み »